エンディング。。。その前に

  • 2017.02.11 Saturday
  • 23:32

今朝の朝食も大量。

よく朝からこんなに胃に入りますよね〜ニヤニヤ

 

朝食.jpg

 

そうそう、

最近『英語ジャズ』というクラスで

エンディングを教えて欲しいという

リクエストを頂き、

エンディングの色々な例をご紹介しています。

 

それにちょっと使っている教材がコチラ↓

その名も

『ジャズピアノ エンディング虎の巻』

 

エンディング.jpg

 

こちらの作家川島茂さんは

素晴らしいジャズピアニストでもあります。

 

こちらに紹介されているエンディング、

とっても分かりやすくて良いです。

 

しか〜し!

 

私が常々生徒さんに言っている、

" Trust your ears and  

listen to your heart!"

(自分の耳を信じ、

心の声を聞け!)

 

色々な事をお教えするのは

全く構わないのですし、

それが私のお仕事なのですが、

エンディング等を決める時に、

自分の頭でなる音やコードを

よく聞いてあげることが

とっても大事だと思います。

 

最初から

「こういうエンディングがありますよ」

と教えてしまうのに

私は非常に抵抗があります。

 

そうすると形に入った

四角四面のエンディングになってしまいますし、

オリジナリティーがなくなります。

 

ですので、

「とにかく色々な音楽を聴く」

これが一番の音楽の先生であり、

耳を鍛える一番の方法なのです。

 

そうする事により

やがて

自分の中でエンディングも流れてきます。

 

こんな教材までご紹介しておいて

言うのも難ですが、

教わる前に

自分で考えてみましょう。

自分の耳を信じて音を鳴らしてみましょう。

 

 

ではまたまたウインク

今年の自分

  • 2017.01.06 Friday
  • 12:50

今日は新年初ピアノ練。
17日に本番があるので
そろそろ開始しないとね。

やはり
左手薬指は弱い。

次にいつも使っている教材で
声のウォームアップ。

それからやっと、
本番の準備。

今回は30分の弾き語りなので、

まあ今までのレパートリーからで

良いかなと。

 

軽く選曲して練習して

終わりました。

 

 

やはりしっかり休暇を取ったので、

声帯が若返っているというか、

また艶が戻っている感覚がありました。

 

そして去年の気負いがなくなり、

格好つけず

伸び伸びと歌っている自分に気付き、

やはり今年はコレで行こう!と。

 

 

気負わず自分らしく!!!

 

昨年はある目指す所があり、

それを目指して技術を上げようと、

必死で練習してました。

 

 

でも、

今年は何かを目指すのでは無く

今の自分が出来る事を生かす!

 

そうだ、

これで行こう!

 

さて今年の音楽活動

どんなになるか楽しみだーーーー。

 

 

 

シーズン・オブ・ぎっくり腰の過ごし方 その2

  • 2016.11.24 Thursday
  • 22:37

さてさて

前回のブログの続き。

 

「シーズン・オブ・ぎっくり腰」

の対策として

私が取ったある事とは。。。

 

 

じゃじゃーーーん!!!

 


 

???

わかるかな?

わからないかな?

 

以前からやろうやろうと思っていた

キーボードスタンドの高さを

マックスにして、

立って演奏出来る様にしたんです。

 

いわゆる

今盛んに言われている

”スタンディング・オフィス”

ですよ。

 

そして

脇の譜面を書くデスクも

以前DIYして

立って書ける高さのを

作ったんです↓



これで!

 

座らなくても

立ったまま演奏して

立ったまま譜面が書ける

という作業環境が整ったのです!

 

作業の高さが揃うと、

動線がとっても簡略化されるし、

目線が一律になるので、

仕事もとっても捗ります。

 

しかも

 

長時間作業していても

足を交互に動かしたり

腰をストレッチしたりしながら

作業をしているので、

腰に負担が来ない!

 

いやあ、

もっと早くやれば良かったです。

 

でも

 

思い立ったが吉日!

 

今回この環境を整えられて

良かった!

 

という事で、

是非皆さんも

”スタンディング・オフィス”

お勧めです!!!

 

それではまた!

 


 

シーズン・オブ・ぎっくり腰の過ごし方 その1

  • 2016.11.23 Wednesday
  • 23:29

いや〜

やってきてしまいました

 

”シーズン・オブ・ぎっくり腰”

 

昨年の今頃は苦しんでいました。

 

3ヶ月治らず、6箇所の治療院を回りました。

辛かったなあ〜泣き

 

先日のマンダラライブ前に

部屋に篭ってピアノの前で足を組んで

ずっと譜面を書く日が続きました。

 

そして数日前に

歌のレッスンが続いた後、

腰の調子が悪いのに気付きました_| ̄|○

 

色々原因は考えられますが、

 

1)長時間足を組んで、

2)前かがみの姿勢で譜面を書いて、

3)弾力性の無いキーボードを弾いてレッスン、

 

この3つが主な原因でしょう。

 

皆さんも気をつけて下さい。

 

特に

足を組んで身体をねじった体勢を

長時間続けるのは

絶対に駄目みたいです。

 

そして意外や意外、

タッチの硬いキーボードを弾いている

肩や首に非常にダメージが来ます。

 

で、昨日予防としてジムへ行って走って泳ぎ、

身体を緩めた後に、

近所の整骨院に行ってきました。

 

因みに

クロールは腰痛に効きますが、

平泳ぎはNGです!

ご注意下さい!

 

これでなんとかぎっくり腰から

免れると良いのですが。。。

 

明日はリハなので、

今日も部屋に篭っていました。

 

でもエクステンション

 

ある対策を取ったので、

そんなに腰にダメージは出なかった気がします。

 

それはまた次回ご紹介しマース!

 

ではでは。

 

iPhoneImage.png

 

 

追伸

 

キノコと肉うどん

 

そして

 

南部鉄瓶

 

の季節が

やってきました。

 

きっと冬は毎昼コレ笑

 

iPhoneImage.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






 

 

みんなPPAPが好き

  • 2016.11.22 Tuesday
  • 01:16

夜中です。

 

先日の自分のマンダラでの
ライブビデオを見ました。

 

うん、なかなか良いよ。

 

自分のファンになりました。

 

芸人として良い線行ってます、笑。

まじで。

 

ミュージシャンたるもの、

特にボーカリストたるもの、

演技力、芸人力、

とっても大事です。


そして、

 

最近PPAP、破竹の勢いですね。


You Tubeから発信して

わずか一ヶ月強で世界中に広まって。

まさに時代の寵児ですね。

 

こちらの曲に関しては、

流石にレッスンで取り上げる事はないですが、

個人的に大好きで、

先日友人の子供達とパイナッポー片手に踊ってきました。

 

そこで分かりました!!!

 

PPAPは

聴くだけでなく、

自分たちで簡単に演じれて、

そして実際、物凄く楽しい!

って事です、笑。

 

だからここまで世界中で人気が出たのでしょう。

 

『シンプルで楽しい!』

 

これはとっても大事な事かもしれないです。

 

そして、

ミュージシャン、

特にボーカリストは

演技力がとても大事という事なんです。

 

ピコ太郎は

キャラ設定が明確で、

それを見事に演じ切っています。

 

やはり

人を楽しませる、

夢を与える、

エンターテイナーにならねばなりません。

 

 

普段ジャズを歌っていて

『シンプルで楽しい』

ってどういうこっちゃ?!

って感じですけど、

とにかくそう思うので

書いてみました。

 

とにかくライブでも、

発表会でも、

職場でも家庭でも

役を演じきってみましょう。

何か新しいものが見えてくるかもしれません。。。

 

知人が言っていました。

『人生は舞台よ』と。

 

それではまた。

 

弾き語るという事

  • 2016.11.20 Sunday
  • 23:48

最近

『弾き語りが凄く良い』

『弾き語りだけのライブも聴いてみたい』

 

と仰って頂く事が増えてきました。

有難いことです。

 

そして

弾き語りをやりたい、

特にジャズで!

という生徒さんもチラホラと増えてきました。

 

そこで!

弾き語りの真髄を。

 

やはり歌って弾く本人にしか出来ない

 

『間合い』

 

が、弾き語りの一番の醍醐味であり、

一番の味わい深さではないかと思うのであります。

 

この

『間合い』は

サポートして下さるピアニストさん、

もしくはギタリストさん、

には絶対出来ない『間合い』だそうです。

 

歌の表現によって、

うねるリズムとテンポ、

これに合った伴奏というのは

歌っている本人にしか表現出来ない事。

 

うねるリズムとテンポの

合間を埋めること、

そして逆に、

空間を作ること、

これらは

歌ってる本人にしか出来ない事。

 

そしてそれらが綿密にバランスよく交わって

初めて素晴らしい弾き語りになるのだと思っています。

 

また弾き語りについては

いつか書きたいと思います。

 

それではまたまた〜

 

2016.11.15 Journey of Nostalgia ライブ @南青山マンダラより

 

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

ファーストアルバム"MIKA"絶賛発売中!

独自の世界観でセレクトされたカバー曲やオリジナル10曲収録!  iPhoneImage.png

【CD発送致します!】

国内でしたら発送致します! 別途下記メルアドまで是非ご連絡下さい。 info@mikaumezu.com

梅津美香プロフィール

ピアニスト&歌手 埼玉県生まれ。94年ジャズピアノを学ぶため単身渡米。 03年に帰国。その後はレストランやライブハウス等で弾き語りをする一方 ジャズピアノ、音楽理論、ボイストレーニングの指導にあたっている。 現在都内を中心に『必ず誰もが乗れるジャズライブ』をモットーにバンド活動を展開中。

ジャズボーカル・レッスン

初心者大歓迎です! 講師宅スタジオ(京浜東北線西川口駅下車徒歩3分)にて プライベートレッスンを行っております。 都内のスタジオや出張レッスンも行っております。 詳細は下記のアドレスまでお尋ね下さい。 折り返し直ぐにご連絡致します。 info@mikaumezu@com

Autumn Leaves, Nov 2016

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM